concept

CONCEPT

「活動理念」

”建築家”や”設計者”を英訳した”architect(アーキテクト)”という言葉には、広義に”企画者”や”創造者”といった意味があると言われています。

多くの事柄や需要が、日々目まぐるしく変化・多様化していく昨今において、architectは、

ただクライアントの要望をパズルのようにはめていくだけの存在や、

ただ見栄えのする「作品」をつくるだけの存在ではいられなくなりました。

一人や一集団という個が己の殻にこもり、その既成概念の中でどれだけ創意工夫をしたところで到底想像が追いつかない程に、

生き方や暮らし方、価値観などの様々なスタイルが、個人レベルで多種多様化した今、

既存の設計に関する技術力やデザイン力は当然として、企画者や創造者といった側面こそarchitectに最も求められている役割となってきているように感じます。

敷地や周辺の環境、表現することの難しい深層的願望を含むクライアントの要望、関係法規等、建物をつくる上での基本条件と合わせて、

時代や経年を見通した仕掛けや提案、最新の技術や制度の把握と応用、多様な技能者とのコラボレーションなど、数多の人や情報を収集・統率し、

最終的にそれらをまとめ上げて世の中にアウトプットするためには、優れた企画者・創造者としての高度な職能が要求されるのです。

そんなarchitectの深意を、追求・実践する媒体”Archi-Lab.”として活動する、a Archi-Lab.の足立達哉と、n Archi-Lab.の鍋島旦が、

一つを意味する”an”を冠した「an Archi-Lab.」という名の下で、

議論し、補い、高め合い、時には外部との提携も取りながら、個では到達し得ない集合知によって、architectが担う役割の、より高い次元での遂行を目指しています。

「業務内容」

建物用途(戸建、共同住宅、商業施設、等)、工事種類(新築、リフォーム、コンバージョン、等)は問いません。

また、都市や地域を対象としたコミュニティデザインやランドスケープデザインから、

家具や小物などのプロダクトデザインまで、職能を発揮できるフィールドは大小問わず多岐に渡ると思っています。

このように活動範囲は広いですが、どのようなプロジェクトにおいても一貫している考え方があります。

それは、そのプロジェクトの本質を、素直に、かつ美しくアウトプットするということです。

本質を塗り隠すような飾り付けや、“映え”だけを追求したような表層的なデザイン、居心地や使い勝手よりも優先されてしまった意匠などを嫌い、

敷地環境や使い勝手、用途やご要望などの様々な諸条件に、将来性などの先見的な視点も加え、

そこから導かれる”あるべきカタチ”を、なるべくシンプルに、かつ洗練した表現とすることを心掛けています。

思いも寄らない所で、私共がお役に立つことができるかもしれません。

是非一度、お困りごとや思いをご相談いただければ幸いです。